>|| ||<

かわかみ君のチャリダ日記

気まぐれで始めた自転車ライフ

in走行履歴 05/08 走行履歴 にほんブログ村 自転車ブログへ ポチお願いします out

f:id:intertechtokyo:20180108132825p:plain  台湾環島  スマホ日記

 

 

台湾の道を知る

台湾のSNS記事には、場所を表す記述方法があります。

例えば・・・台9線358公里/台9線328公里

f:id:intertechtokyo:20210726105325j:plain

f:id:intertechtokyo:20210726105329j:plain

 

台9線は、台湾の国道省道を表す。数値は、位置を表す。

ja.wikipedia.org

f:id:intertechtokyo:20210726110411j:plain

 

数値で表される公里は、その道の起点からの距離を意味する。

 

その位置を知る方法・・・

 

台湾の道路を管理する公路総局のサイトに「省道座標」が公開されている。

sheethub.com

 

詳しくは、三年前の記事で紹介されている。

intertechtokyo.hatenablog.com

 

 

では・・・再見❗

 

 

峠の釜めし

f:id:intertechtokyo:20210725022927j:plain

荻野屋・峠の釜飯ページから引用

 

今から、ひ~ふ~みぃ~半世紀前には至らぬが、ほぼ近い年頃の時代、大沢商会なる企業に勤めていた。当時、写真部に属して西ドイツAGFA-GEVERT社製の写真処理機材のメンテナンス担当で、東日本(大沢商会写真部は、東京本社と大阪支社にあって、50Hz地域と60Hz地域で仕切られてた)を走り回っていた。

AGFA社の古い資料サイトから懐かしい写真を探した。ColormatorN2B-S

 

f:id:intertechtokyo:20210725024720j:plain

こんなAGFA資料あゆみ・・・

・1966 Schneller Colormator N2B H Printer für 2.000 Bilder/Stunde. Der Agfacolor Prozess Pa für Rollenpapier ist mit nur 17 Minuten Verarbeitungszeit der kürzeste Prozess der Welt.
・1974 Der Colormator 7560 Printer leistet 8.000 Bilder/Stunde.
・1979 Der Colormator 7565 ist mit stündlich 14.000 Kopien der schnellste Printer der Welt
1984 Agfa MSP-Printer mit Ganzfilmmessung und einem Arbeitsspeicher für alle Farbnegativfabrikate. Er produziert 18.000 Prints/Stunde.
・1992 MSPplus Printer für 20.000 Bilder/Stunde
・1998 Der Agfa MSP DIMAX Printer verfügt als einziger Hochleistungsprinter über eine Kontraststeuerung dank digitaler Maskierung für mehr Bilddetails in Lichtern und Schatten.


そんな東日本地域を飛び回るシゴトだったが、入社直後は、関東一円、次第に静岡や長野、新潟。そして夜行寝台で向かう東北各地域、さらに青函連絡船で函館。終着は、あこがれの北海道担当に至る。

 

様々な土地へ参上するが、当時、AGFA機材は、クルマで云うメルセデス的な高級機材だったから地方でも極端な田舎町に客先は無かった。

 

東北担当の時は、夏の三大祭り(仙台・七夕/青森・ねぶた/秋田・竿灯)開催前になると迎える写真受注ピークになるので、機材の事前点検と称して祭三昧した思い出も・・・。

 

青森県庁前、フジ系列写真現像所の社長は、夜な夜な夜の歓迎接待が待ってるけど、赤ら顔なると・・・その津軽弁がまったく解釈できぬ・・・ホステス嬢の通訳挟んでの会話・・・国鉄切符が取れぬ時は、構わんから上野駅ホーム、何番線、何時の寝台列車の車掌室で、社長の名前云えば、ベッドを都合してくれた。

 

札幌すすきのでワタシは酒を覚えた。何せ会社の名刺で酒が飲めたのだ❗

そこに群がる市内最大手のフジ系列現像所の夜接待は凄かった。夕暮れ時間なると、ソワソワ終了時間を聞いてくる・・・そして、近くの琴似駅前の寿司屋で腹ごしらえしてタクシーですすきのへ繰り出す・・・一件目のスナック終わると馴染みのホステス引き出して二軒目・・・更に三軒目。滞在数日間、毎晩であった。狸小路だったか年末の大火災も隣接ビルの屋上からホステス達と野次馬見物・・・

 

話が、とんでもない方向にズレたが・・・青春時代の出張思い出から今でも消え去らぬページが・・・表題の「峠の釜めし」である。

 

当時、信越線の上田駅前に、三菱製紙系列の現像所があった。長野市内、善光寺参道にも参拝客相手の記念写真を営む写真屋信州中野駅前にもスキー客相手に写真商売する現像所・・・この地域を訪問する時、必ず、「峠の釜めし」である。

 

車窓から見える妙義山は、今でも大好きな山並みである。
https://www.photolibrary.jp/フリー写真の引用

f:id:intertechtokyo:20210725033330j:plain

その釜飯は、横川駅のホームで購入する。帰りは、軽井沢駅の「チキン弁当」が好きだった。

 

当時、特急「あさま」だったと記憶するが、横川駅で急勾配を上るために電気機関車を増設する。帰りは、軽井沢駅でブレーキ代わりの機関車が連結される。その連結風景を眺めるのも好きだった。特別な電車マニアでは無いのだが、この碓井にまつわる思い出は、地味だが、今でも脳裡から離れない。

 

 

まずは、その碓井の歴史紹介サイト・・・これが凄いページ数です。

www15.big.or.jp

 

 

今は、コロナ禍、何処にも出かけぬ隠居生活の日々だが、時折、拝見するスーツ旅行の彼氏の動画が好きです。

 

そんな中、彼のスーツ史上最長動画と噂れる動画が、この碓井峠のサイト

youtu.be

 

大変長い動画だけど、彼の話しっぷりとこの内容(碓井峠)が好きなんです。

 

碓井峠にまつわる動画は数多くありますが、この「信越本線「横川〜軽井沢」物語」は、お勧めです。

youtu.be

 

他にも・・・碓氷峠最終列車

youtu.be

JR東日本 信越本線 碓氷峠とEF63・秋編

youtu.be



昨年の夏、カブ旅キャンツーで草津の帰り道「めがね橋」を訪ねている。

 

この夏、ひょっとしたら再び、訪ねるかも・・・峠の釜めしを食べに・・・❓

 

では・・・再見❗

 

 

 

 

 

 

 

4K液晶モニター・・・続編・・・続編・・・続編・・・続編

まだ納得出来てないワタシなう❗(笑)

 

続三つ編が最後と思ったが、続四つ編を書き残す。

intertechtokyo.hatenablog.com

 

モニターの設定を開くとウインドウ上部に解像度が表示される。

 

そこには、HDMI接続③と④を差し替えると・・・@30Hzと@60Hzと表示される。

f:id:intertechtokyo:20210721165539j:plain

 

f:id:intertechtokyo:20210721165547j:plain

 

今朝方のモニターチェックサイトでも、@30に繋げると「良い場合」結果になってる。

f:id:intertechtokyo:20210721091454j:plain

 

 

混乱する書き残しのようだが・・・

要は、本モニターの日本語説明書のである。と決めつけているのです。

f:id:intertechtokyo:20210721170425j:plain

 

 

以上、書き残す。

 

 

※JAPANNEXT会社のサポートからの返答・・・まぁ無いと思ってる。

4K液晶モニター・・・続編・・・続編・・・続編

先ほどの続きだけど・・・不可解な事象にぶち当たってる。

 

モニターのリフレッシュレート・・・今まで気にしたことが無い。

f:id:intertechtokyo:20210721071550j:plain

3番と4番を差し替えても、

私の視界には・・・なんら大差が見当たらない。

f:id:intertechtokyo:20210721101440j:plain

 

リフレッシュレートを探すと・・・こんな記事サイトがあった。

adatarag3.blogspot.com

 

早速、記事中の試験サイトを触ってみた。

www.testufo.com

 

英文サイトだが、試験種類をひとつづつ試みるけど、違いが分からない。

f:id:intertechtokyo:20210721090808p:plain

 

中程に「Frame Skipping...」がある。そこの説明文章に「良い場合」「悪い場合」のサンプル写真がリンクされてる。

1/10秒の写真・・・iPhoneでは撮れず、オリンパスカメラ「OM-D E-M10 Mark II」の登場だ。液晶モニター裏面の差し込みパネル③と④を差し替えて、写真を撮った。

f:id:intertechtokyo:20210721091454j:plain

Aは、「良い場合」/Bは、「悪い場合

 

我が写真には、④「30Hz対応ポート」にすると「良い場合」の写真となる。

 

これって、どういう意味❓

 

Windows10の詳細設定には「59.940Hz」とある。

f:id:intertechtokyo:20210721091734j:plain

テストサイトの選択肢にもレートを表す項目がある。

f:id:intertechtokyo:20210721091904j:plain

 

すなわち、パソコンのグラフィックボードからは「59.940Hz」信号がモニターへ出力されている。と解釈する。受けるモニターは、当然、60Hz対応が必要なる。と理解するが・・・何故か❓ 30Hz対応④への接続が「良い場合」と合致する。

 

これって・・・何なの❓

 

まぁ、老眼の私には、これらの違いを判別する視力が衰えてるので、問題としないが・・・気になる。

 

一応、JAPANNEXTサポートに・・・ダメ元・・・問い合わせてみようか❓

 

 

では・・・再見❗

 

 

 

追記:
JAPANNEXTサポート・・・問い合わせしたけど・・・❓

f:id:intertechtokyo:20210721101717j:plain

 

4K液晶モニター・・・続編・・・続編

昨夜は、新しい4K液晶モニターでテレビを観ようと・・・不慣れシゴトした。

 

intertechtokyo.hatenablog.com

 

今朝、パソコン起動してネットニュースを観ていると・・・音声が聞こえない

 

そんな馬鹿な(阿呆)・・・

 

元々、この格安液晶モニター会社「JAPANNEXT」社製のレビューに、音声に関しては期待してはいけません・・・と多くの記述があった。以前から使っているSONY製品の格安スピーカーを接続して、HDMI音声を聴いていた。それが聞こえないのである。

 

このモニター裏側の配線パネルは・・・①~⑥がある。

f:id:intertechtokyo:20210721065808j:plain

 

3.5mmジャックは、しっかり差し込まれてる。

f:id:intertechtokyo:20210721070120j:plain

 

3.5mmジャックのメカ的な障害かと、SONYスピーカーを試験したくも音源が見当たらない。使われてないAndroidスマホにFMラジオ機能が付いてる。そこに繋げると・・・聞こえる。じゃないの❗

f:id:intertechtokyo:20210721070214j:plain

 

お~格安モニター・・・三日間で壊れた❓・・・馬鹿野郎と叫ぶ❗

 

止むえずパソコン本体から音源を取ろうと、液晶モニター電源を切った。まさかと、再投入してみると・・・SONYスピーカーから聞こえるじゃないの❗

 

そんな馬鹿な(阿呆)・・・

 

再起動で3.5mmピンジャック音声が切り替わる・・・前代未聞の経験であった。

 

朝から馬鹿げた話題に翻弄された・・・二度寝する。

 

今日は、昨夜、ポチったテレビケーブル分岐が届く。どんな結末なるか❓

 

 

では・・・再見❗

 

 

追記:

本記述しながら・・・❓に気付いた。

f:id:intertechtokyo:20210721071550j:plain

f:id:intertechtokyo:20210721071608j:plain

f:id:intertechtokyo:20210721071618j:plain

 

我が部屋のテレビ

おおよそ十余年前、中国大連で駐在してる時、日本のテレビ放送を見るには、日々、苦労があった。VULKANOなるハードウエア一式(5万円近くなったと記憶)を東京事務所内に設置して、現地からネット経由で視聴が出来て、そりゃ便利な環境だった。BSも出来た。録画予約も出来た。

 

しかし、今は、そのサービスは停止されてしまっている。
※どうやら放映権等々の法的問題かと思う・・・❓

f:id:intertechtokyo:20210720213220j:plain

 

その時に、購入したテレビチューナーが今も残っている。

f:id:intertechtokyo:20210720213223j:plain

 

今回、4K液晶モニターを購入(3万円)して、自前撮影のiPhoneドルビーHDR動画やパソコンからのYoutube、AmazonPrimere映画の美しさに感動している。

 

自室内のテレビは、当時は亀山モデルとして人気のあったSHARP製の36吋・・・故障も無く、コチラも十余年間動き続けてるが、PCの4Kモニターに見慣れてしまうと、我がテレビの画質の違いにガッカリする。

 

コロナ禍ついでにテレビも買い換えを検討し始めてるが。

 

このマンションでは、共同アンテナから4K配信が出来ない環境。ベランダにパラボラアンテナを置いてる方もいらっしゃるが・・・

 

そこで試しにと、入れ替えたパソコン液晶モニターHDMI接続)にテレビ映像を試みようと・・・前述のチューナーの登場と相成る。

 

これが、結論を先に記述するが、HDMIネクター部の接触不良が半端ない状況・・・と音声が、HDMI経由で流れない・・・事象なんです。BSカードの認識部も接触不良多発・・・

 

映れば通常番組でも美しい映像を見ることが出来る・・・は確認した。

 

f:id:intertechtokyo:20210720214700j:plain

f:id:intertechtokyo:20210720214704j:plain

f:id:intertechtokyo:20210720214706j:plain

f:id:intertechtokyo:20210720214711j:plain




音声が流れないは、ほぼ使っていない音響社製のちぃっと大きいスピーカーを下ろして、そこにRCAプラグを介して繋ぐと・・・素晴らしいサウンドになる。

 

だけど、HDMIケーブルの接触不良が酷いので、容易に環境構築出来ない状態・・・

 

新たに、外付けテレビチューナーを替えば、うん万円

 

4Kテレビも安くなってるが、こちらも・・・うん万円

 

せっかくなんで、パソコン液晶モニターで所有する環境を使って見ることが出来るが・・・一番ベストなのだが・・・さぁ・・・どうする・・・なう❗

 

 

追記:

晩酌終えて・・・再挑戦❗

チューナーのHDMIネクター受け側内部・・・#1500 紙やすりでシコシコ・・・HDMI接触不良は消え去ったようだ・・・次は、アンテナケーブル受け側の接触不良もシコシコする・・・BSは見えるけど・・・地上波が不調・・・

f:id:intertechtokyo:20210721002322j:plain

 

いずれにしても壁のアンテナ端子からチューナーまでのケーブルは余分あるも、中継分岐が無いので、格安品をポチった・・・明日以降の続報❗

  

 

 

DaVinciResolve HDR出力のお話

4K液晶モニターに入れ替えて、iPhone12ProMAXのドルビーHDR動画の美しさに魅了されて・・・学び初めて一年経つが、三千頁マニュアルの新たなページを開けた気がする。

 

f:id:intertechtokyo:20210718195947j:plain


今、ワタシのYoutubeには、「HD」「HDR」「4K」のクリップが公開されてる。

 

 

勿論、人様の記事をパクり真似した行為だけど・・・哈哈哈❗

 

 

一連の上っ面学びが終わって、経緯を振り返って、やるべき事項を整理してみた。

 

 

まずは、ドルビーHDR動画を取り込んで編集する前、「カラースペース&変換」を設定

f:id:intertechtokyo:20210718200332j:plain

 

レンダー出力する前、設定する事項

f:id:intertechtokyo:20210718200544j:plain

 

この2箇所の設定を切り替えることで、「HD」「HDR」「4K」のクリップ出力が可能となる。

 

まぁしかし、Youtubeなるサイトの説明記述は、聞いたことの無い文言が並んでます。

 

support.google.com

 

 

前述2点の設定の根拠資料も確認した。

f:id:intertechtokyo:20210718200806j:plain

f:id:intertechtokyo:20210718200818p:plain

 

今まで、HD規格の動画をアップロードしてきたが、何十分、何時間もかかるイライラは皆無だったが、「HDR」や「4K」となると、延々と半日、いや一日・・・時間がかかることが判明した。

 

 

まぁまぁ・・・そんなこんなで、コロナ禍の動画編集学びは続きます。

 

乞うご期待下さい。

 

では・・・再見❗

 

4K液晶モニター・・・続編

新しいモニターで眺める映像は、実に素晴らしいのである。

 

調子に乗って、検証動画をYoutubeに投稿して・・・あらっ・・・HD動画になってる。

 

iPhone12ProMAXのドルビーHDRで撮影された動画なので、4K動画になるのでは❓

 

Youtubeの動画には、画像品質に種類があるは承知してるが・・・为什么❓

 

f:id:intertechtokyo:20210718005336j:plain

 

 

DaVinciResolveなる動画編集ソフトウェアを使ってコロナ禍学び始めるも、三千頁越の分厚い説明書・・・まだ百ページも目にしていない・・・ドッ素人

 

f:id:intertechtokyo:20210718010055j:plain

 

 

探し出しましたが・・・上っ面納得だけで・・・(笑)

 

それは・・・こちらの教示ビデオ
youtu.be

 

 

 

以下、小生の忘備録・・・です。

 

まずは、コンテンツ取込時の設定

f:id:intertechtokyo:20210718011245j:plain

 

そして、色調補正等々・・・終わって書き出し時の設定

f:id:intertechtokyo:20210718011518j:plain

 

 

書き出すと、こんなにファイルサイズが違いました。

f:id:intertechtokyo:20210718011637j:plain

 

 

そう~して、Youtubeにアップロードしますが・・・これが、通常アップロードなら10分もかかりませんが・・・延々、小一時間はかかりました。

 

このクリップは、約5分間ですが、面倒なので・・・45秒にカットして書き出しましたが、これ・・・5分間書き出したら・・・いったい何時間・・・かかるのでしょうか

 

f:id:intertechtokyo:20210718012044j:plain

 

 

そう~して、Youtubeにアップロードされた二つのクリップは、コチラです。

 

是非、画質の違いを見て下さい。

youtu.be

 

youtu.be

 

 

まぁまぁ・・・そんなこんなで、今宵も時が過ぎ去ります。

 

オヤスミナサイ

 

では・・・再見❗

 

 

 

追記:

5分動画で書き出したら・・・26GB・・・さぁYoutube投稿・・・朝までには終わってることを夢見て・・・再ぐない❗

f:id:intertechtokyo:20210718014018j:plain

 

 SDアップロードでも・・・

f:id:intertechtokyo:20210718014515j:plain

 

youtu.be



 

追記:

5分動画・・・約45分間でSDアップロード完了後、無印状態 f:id:intertechtokyo:20210718064853j:plain

 

約6時間経過した朝方・・・HDマークだった

f:id:intertechtokyo:20210718064908j:plain

 

 

4Kなるは、昼頃かな❓

 

 

お~HDRなってた❓

f:id:intertechtokyo:20210718115113j:plain

 

 

ちょっと・・・ちょっと・・・変だね❗
45秒カットして出力した時は、4K❓
5分間の時は、HDR❓
何だろう❓
 

f:id:intertechtokyo:20210718120005j:plain

 

ちょっと・・・ちょっと・・・

あれっ 45秒の動画・・・今は、HDRなってる

f:id:intertechtokyo:20210718120425j:plain

 

 

ちょっと・・・ちょっと・・・

あれっ 45秒の動画・・・まだ・・・HD バージョンを処理してます❓

f:id:intertechtokyo:20210718121006j:plain

 

我がモニターで色調が違うね❗

f:id:intertechtokyo:20210718122223j:plain

 

 

追記:
現在、こんな状況なう❗(笑)

f:id:intertechtokyo:20210718165951j:plain

 

f:id:intertechtokyo:20210718171445j:plain





4K液晶モニター

我がパソコン環境は、古くから四面マルチモニターで使っている。

 

何故なら、BPOシゴトする時、縦方向の右モニターにA4サイズの画像表示しながら主モニターのエディターで作業する必要がある。

 

そのA4サイズ表示を更に拡大や位置調整したい時の工夫として、主の上に3モニター目を置くと、右モニターの表示位置を自在に制御出来るのである。

 

f:id:intertechtokyo:20210717150850j:plain


BPOシゴトで使う環境なので、四面の一台は、18年近く使ってることになる。中国駐在時は、飛行機で運ばれて現地でも環境の一員だった。

 

※今回の機種変更で廃棄するDellモニターは、リサイクル該当品だったので、無償の引取手続きが進行してる。

 

コロナ禍始めた動画編集の学びが進むにつれてモニターの色彩表現力に疑問を有するようになる。iPhone12ProMAXの表示があまりにも素晴らしいにも係わらず我がモニターで表示すると悲しい・・・

 

特に、この方の動画観て・・・為五郎だった。

youtu.be

 

また画像編集ソフト「DaVinciResolve」で色調整を試みるも、我が目には、くすんだ・・・沈んだ・・・張りの無い・・・何するにも良い結果にならないのである。

 

そこで・・・我が人生初めての試み・・・話題の4Kモニターの導入に踏み切った。

 

我が家のテレビ・・・共同アンテナ施設が、古いので4K放送を受信することが出来ないので、4K機種変更・・・まったく脳裡に無った。

 

4Kモニターの価格もずいぶんと安くなってる。細かい性能の分別は理解していないが、立ち寄った某ブログに、JAPANNEXT社製の評価が脳裡に残ってた。

 

価格.comに、こんな一覧項目がある。

f:id:intertechtokyo:20210717152317j:plain

平均すると、2千~3千円が相場のようだ。

JAPANNEXTで的を絞り・・・最新機種を選んだ。

f:id:intertechtokyo:20210717151946j:plain

f:id:intertechtokyo:20210717151941j:plain

 

ポチってすぐに届いた・・・イッピン・・・ずいぶん軽い。

f:id:intertechtokyo:20210717160521j:plain

 

早々に環境作りを始める。

f:id:intertechtokyo:20210717160607j:plain

 

これが・・・素晴らしい

f:id:intertechtokyo:20210717160654j:plain

 

終わって・・・しばらく・・・Youtubeの4K散歩

 

しかし・・・問題もある・・・解像度が違うから・・・アタリマエダノクラッカーなのだが・・・慣れるまで時間がかかりそう。こんなブログ記事・・・その通りである。(笑)

omochablog.com

 

また、Windows10のHDR設定や色合い調整・・・う~良く分からん・・・けど画面表示が素晴らしいので・・・良し・・・としてる。(笑)

f:id:intertechtokyo:20210717161300j:plain

f:id:intertechtokyo:20210717161328j:plain

 

まぁシングルモニター環境なら、4Kモニター切替はお勧めである。

 

一応、我が仕事環境も検証したが、ちぃっと難あるけど、慣れれば問題無いかと・・・むしと主モニターのエディター表示されるテキストの鮮明度が大きく違うから、老眼オヤジには最適化と・・・哈哈哈❗

 

 

そして、肝心な動画編集の学びであるが、これが・・・素晴らしく色調調整がやり易く、今までの苦労は・・・なんだったのか❓

 

特に、iPhone12ProMAXのドルビーHDR動画で撮影したクリップの色調調整・・・いとも簡単・・・ワタシにも・・・色調調整が出来るのである。

 

まず色調調整(LUT選択)を並べて・・・自己判断

youtu.be

 

次に、的を絞って・・・2択とする

youtu.be

 

そして、最後に選ばれたのが・・・コレ❗

youtu.be

 

 

まぁ、そんなこんなコロナ禍は、まだ続くでしょう・・・

 

 

暇つぶしの学びには・・・ピッタシの話題かと・・・哈哈哈❗

 

 

では・・・再見❗

 

 

 

 

iPhone12ProMAXのHDR動画・・・続報

見よう見まねで旨くいったかと・・・思いきや❗

 

とんでもない結末に陥ってしまった。

 

旨くいった流れを再検証してると、ドリキン先生の説明動画のダビンチ画面描写と我が画面の描写が違っているのである。

 

ドリキン先生のは、全部10bit表示・・・

f:id:intertechtokyo:20210711052012p:plain

 

※我が輩のは、2個が8bit表示・・・❓

f:id:intertechtokyo:20210711042254p:plain

 

私、間違いなく、ドルビーHDRモードで撮っている・・・ハズ・・・❓

 

泥沼にハマリ・・・うん時間経過・・・今、朝4時半・・・

f:id:intertechtokyo:20210711042643p:plain

 

結局南極・・・こう云うこと・・・忘備録としてまとめた。

 

f:id:intertechtokyo:20210711042543j:plain

 

訂正:20210715「c」間違ってました。

f:id:intertechtokyo:20210716043210j:plain

※ D項目は、何故か・・・10bit?・・・エラー表示で転送できない

 

ここ数ヶ月の動画学び途中でも、同様な挙動不審の場面もあったが、余り気にしてなかった。今回、納得出来るまで・・・うん時間かけ・・・納得できたかと・・・❗

 

iPhone12ProMAXのカメラ撮影の最も目玉の・・・ドルビーHDR動画・・・そんな回数を撮ってない。

 

ドルビーHDR動画を撮るには、

 

iPhoneカメラの動画モードで撮る方法・・・

・撮影アプリのFiLMiCProで撮る方法・・・

 

現在、我がiPhone12ProMAXには、二通りの手段がある。

 

 

いずれも撮り終わったらクリップをWindowsパソコンへ転送している。

 

その転送方法にも選択肢がある。

 

・普段、毎日、使っている Send Anywhereアプリ

・面倒だけどLightningで、AnyTransアプリ

・初めて使ったLightningで、Windowsフォトアプリ

MicroSDカード中継で転送

 

最後のSDカード中継は、中々、旨く機能しないのである。

 

今回、初めて使ったWindowsフォトを介した転送は、画像フォーマット(10bit ⇒ 8bit)が切り替わってしまうのである。

 

SendAnywhereアプリも同様に切り替わる(サポート問い合わせ中)

 

Lightningケーブルの認識にムラがあり余り好まない転送手段のAnyTransならば、フォーマットが切り替わらないのである。

 

前述表示してる忘備録には描かなかったが、FiLMiCProから、iPhone内に保存したクリップをAnyTransで転送すると・・・OKであった。

 

 

まぁまぁ・・・コロナ禍で暇人の学び・・・窓の外が明るくなってきた(笑)

 

オヤスミナサイ

 

では・・・再見❗

 

 

追記:

最後のSDカード中継の件、不調原因判明なう❗

f:id:intertechtokyo:20210711051613j:plain

ドルビーHDR動画なる・・・シロモノ・・・まだまだ開発途上のようだ❓

 

 

追記:20210711

iPhoneのドルビーHDR動画は、どうやら・・・まだまだ開発途上のようだ❗

 

参照サイト:https://av.watch.impress.co.jp/.../1286/935/amp.index.html

f:id:intertechtokyo:20210711112247j:plain

 

ひとりLINEグループで、ドルビーHDR動画転送すると・・・エラーとなる検証画面

 

f:id:intertechtokyo:20210711114140j:plain

 

 

 

追記:20210711-2

ドリキン氏と解説氏の記載が違ってた。 #入力ガンマ #Rec2100_HLG と #Rec2100_HLG_Sicene で微妙に結果が違う・・・次回から確認せにゃアカン❗

 

f:id:intertechtokyo:20210711123237j:plain

 

iPhone12ProMAXのHDR動画

動画の学び初めて・・・早・・・一年が経過してる。

 

長年演ジニアのワタシ、艶の方は得意だが・・・三色の色は、センスに欠ける。


アメリカご在住のユーチューバードリキンさんの投稿、昨年末にこんな記事がある。

 

youtu.be

 

関連するサイトも複数存在する。

mono96.jp

 

動画編集アプリのDaVinciResolve17を一年間使ってる。数千頁に及ぶマニュアルの百ページも熟知してないと思う・・・

 

iPhone12ProMAXやE-M10MarkIIで撮ったクリップを自分なりにベストな色調、色味・・・LUT等々・・・技を学ぶも冒頭の扇子とやらが不足してるので、中々、思うような結果が得られてない。

 

そんな中、このドリキンさん曰くの技を改めて検証してミタ・・・今年、始めにサイトを目撃した時にも検証したのだが・・・目的意識が薄く脳裡に残らなかった(笑)

 

やることは、簡単である。

 

f:id:intertechtokyo:20210710233911j:plain
f:id:intertechtokyo:20210710233915j:plain


① iPhone12ProMAXで、HDR撮影された動画クリップ・・・

② 動画編集ソフトのDaVinciResolveに取り込む・・・

③ Colorページで、ノードに「カラースペース変換」を加える・・・

④ 入力カラースペースに「Rec.2100」/入力ガンマに「Rec.2100HLG(Scene)」を選ぶ

f:id:intertechtokyo:20210710234349j:plain

 

たったこれだけ(多少、コントラスト程度は修正❓)で・・・見違える色調に変貌するのである。

 

 

これオリジナル動画・・・

youtu.be

 

 

これ前述ステップで編集した動画・・・

youtu.be

 

そんな驚き桃の木の土曜の夜を過ごしている。

 

 

では・・・再見❗

 

ジンバルの自前修理

MOZA MiniP を使ってますが・・・

 

intertechtokyo.hatenablog.com

 

使い始めて2ヶ月目・・・本体を二分割して収納する時に回転する部分が・・・ユルユル・・・なってしまい。ジンバル撮影に影響が出たんです。

 

サポートに連絡すると保証期間内ですので、無償交換で新しいジンバルが届きました。不良品を返送する指示が無いので・・・ユルユル・・・部分に固い詰め物して分解できませんが撮影に使うことが出来るので、贅沢にも二台(iPhone用/一眼用)使いしてます。

 

その分解できないジンバルが故障したんです。多分、一度、落下させてしまいその時に壊れたかと思います。サポートに有償での修理可否を聞きましたが、該当箇所の修理は不可能との返答で、30%割引のクーポンをもらいましたが、買うことはしませんでした。

 

壊れた箇所は、ジョイスティックスイッチで、カメラを左右上下に移動させる部分・・・電源投入後、中心で止まらず、すぐに下方を向いてしまうんです。

 

下方に向くと、そこから左右には動きます。には動きません。

 

ワタシ、昔から写真業界の演ジニアで通してます(笑)

 

そんな経験から、本体を分解してジョイスティックスイッチなる部品を交換してみようと思い立ちます。

 

しかし・・・本体、握り部分の分解ができません。固定ネジ数カ所を取りますが、ガッチリはまり込んだ成形構造が離れません。一度は、諦めました。

 

数日後、Youtube散歩で、他社製ですがジンバル修理の動画がありました。本体握り部分には、大きな充電バッテリなど重要なエリアなので、強固な構造であり、その分解は大変ながらも出来てました。

 

ワタシは、ダメ元・・・再度の試みです。

 

分解できたんです。

f:id:intertechtokyo:20210709215643j:plain

 

慎重に壊れてると思われるスイッチを取り外します。

f:id:intertechtokyo:20210709220040j:plain
f:id:intertechtokyo:20210709220049j:plain

 

メーカー名から同番パーツを見つけましたが・・・2000個からの注文です。

f:id:intertechtokyo:20210709221115j:plain

 

ジョイスティックスイッチなる部品の構造も知りました。10kΩの可変抵抗が並んでるんです。ニュートラル(中心)時は、二つの可変位置がセンター位置にあるんです。そこから上下左右に振ると、抵抗値が変化して内部の制御コンピューターに位置信号を送るんです。

 

まぁ2000個は変えませんので、中国の仲間にもメーカーに問い合わせ依頼しましたが、返答がありません。途方に暮れてると、アメリカ合衆国内の電気パーツECサイトに同様のパーツを見つけます。半田脚の形状が違いましたが、こちらは、一個から購入できます。運賃二千円かかりますが、ダメ元でポチりました。

f:id:intertechtokyo:20210709215928j:plain

 

ほぼ十日ほどで届きます。

 

早速、昔の杵柄・・・演ジニア魂のハンダ技で取り付けます。

f:id:intertechtokyo:20210709215623j:plain

 

基板面に固定する突起の位置寸法が違いますが・・・ニッパーで切り取った(笑)

f:id:intertechtokyo:20210709215633j:plain

 

ハンダ脚の曲がりも違いますが・・・演ジニアには問題無いんです。

f:id:intertechtokyo:20210709215654j:plain

無事に取り付けました。

 

分解カバーはそのままで、恐る恐る電源投入・・・動作確認です。

 

f:id:intertechtokyo:20210709222102p:plain

f:id:intertechtokyo:20210709222227p:plain



分解したケースの組立も恐る恐るです(笑)

 

そして終わったのですが・・・動作がおかしいんです。

 

ジンバル電源投入すると、カメラは前方を向きますが、修理品は、自撮りの方向、手前を向いてしまいます。

 

でも手前位置から、トリガスイッチの二度押し「中心向き」で前方を向いてくれるんです。修理中、どこかのパーツが壊れている可能性がありましたが・・・そのまま、いままでうん週間は問題無くジンバルしてくれてます。

 

Youtubeでも修理流れを公開してます。

youtu.be

 

 

 

まぁまぁ・・・では・・・再見❗

 

 

カメラドリー ・・・ 続報

この項目・・・続報を忘れてました。

 

intertechtokyo.hatenablog.com

 

前回、タミヤの模型キットとスライドレールを購入した時点でした。

f:id:intertechtokyo:20210709205721j:plain

 

モーターが組み上がって、最初に試した駆動方法は、キットに添付されていたゴム糸です。見た目には、確かに左右に流れますが、モノを移動させるチカラがありません。

f:id:intertechtokyo:20210709205941j:plain

 

そしてダメ元で試した策が、大工さんが線引きで使う水糸・・・の巻取方式・・・これ伸縮もなくパワーもありますが、一方通行なので、巻きほぐし・・・面倒です。

f:id:intertechtokyo:20210709211411j:plain

f:id:intertechtokyo:20210709205621j:plain

 

次に試すは、丸ベルト駆動方式です。これ結構パワー出ましたが、スタート時の伸びが発生してスムーズな動きになりません。またベルトテンションの張り調整が難しいんです。ましてや少しでも緩いとプーリーで空転します。

f:id:intertechtokyo:20210709204839j:plain

スライダーレールを走る移動台やプーリー軸受などは、すべてデザインをCADソフトのDesignSparkで描き、3Dプリンターで作ります。

f:id:intertechtokyo:20210709205504j:plain

 

こんな試行錯誤を繰り返している内、タミヤモーターの回転速度が速すぎる・・・パワーも不足かと・・・疑問符が浮上。

 

タミヤモーター2世代目を購入します。

f:id:intertechtokyo:20210709211737j:plain

 

これは、1/400の回転まで下げられます。これでも早いと感じるので、更にもう一台(メルカリ)購入して、ギアユニットを増設・・・良い感じになりました。

 

それと・・・丸ベルトを止め、タイミングベルトに切り替えます。

f:id:intertechtokyo:20210709211119j:plain

 

タイミングベルトとプーリーは、Amazonに格安キットがありました。

f:id:intertechtokyo:20210709212249j:plain

 

更に・・・更に・・・PWMなる速度調整キット・・・なんと1個274円です。

f:id:intertechtokyo:20210709212505j:plain

 

そして・・・堂々の完成と相成ってます。

f:id:intertechtokyo:20210709211055j:plain

 

当初、ベランダに放置されていた棚板をそのまま寸法で使ってましたが、完成形となったので・・・ジャストサイズ・・・ノコギリ・・・塗装もしてます。

f:id:intertechtokyo:20210709213059j:plain

 

溜まった楽天ポイントで何か買う物は無いかと物色してたら、プロジェクターを乗せる三脚とやらがありました。三千円強の値段ですが、ポイントで買いました。そこに乗せれば、立派な電動ドリーとなってます。(笑)

 

f:id:intertechtokyo:20210709212952j:plain

 

 

まぁこんなモノかと・・・

 

 

では・・・再見❗

被写界深度合成・・・続き

先ほど、Photoshopの環境設定変更で挙動不安定の改善と書いたが、その後の作業でも不都合が連発した。

 

そこで、Lightroomで複数ファイルを開き、そこから「Photoshopでレイヤーとして開く...」を実行すると、その後、うん十回の起動検証で、事象は発生していない。

f:id:intertechtokyo:20210708234055p:plain

 

まぁやれやれなPhotoshopだった・・・❗

 

youtu.be